赤ちゃんのぐっすりお昼寝入門

stockfoto_63515914_S赤ちゃんがなかなかお昼寝をしてくれない、抱っこでないと寝てくれない、布団におろすと起きてしまう、なんてことありませんか。
赤ちゃんのお昼寝の重要性と必要性、抱っこから上手に布団に置く方法など、ぐっすりと快適に眠れるお昼寝のさせ方をご紹介します。

スポンサーリンク

お昼寝の重要性・必要性

赤ちゃんは、夜の睡眠だけでは不十分です。お昼寝をさせることで生活のリズムを正し、体の成長を促進させています。
お昼寝をしないと、徐々に疲れてきて、集中力も無くなってしまいます。睡眠不足になると、周囲への注意力が落ちるため、うまく記憶もできません。注意力が落ちることから、ちょっとした事故にあうことも増えます。不安が増幅され、周囲への興味や関心も低くなります。
さらに、赤ちゃんがお昼寝をしない場合、夜泣きの原因にもなります。
毎日、決まった時間だけお昼寝をする習慣があると、生活全体のリズムが整いやすくなります。
夜の入眠儀式と同じで、お昼寝も、ご飯を食べたら、絵本を読んで眠るなどという一連の流れを習慣化してしまうと良いでしょう。

お昼寝の効果

赤ちゃんのお昼寝は、日中活動して学んだ記憶を整理する効果があります。
特に発話を始める頃は、お昼寝は重要です。
また、昼寝をしておくことで、夜の安眠にも繋がります。
赤ちゃんの月齢や個性にもよりますが、だいたい一日1.5時間~3時間を目安にお昼寝をさせると良いと言われています。
特にお昼寝は、疲労回復だけでなく、安定した心の状態の維持にも効果的です。
さらに、睡眠時間と脳の海馬の体積が比例することが分かっています。海馬とは、記憶や感情をつかさどっている脳の領域のことです。

スポンサーリンク

お昼寝のさせ方

赤ちゃんにとってお昼寝は大切ですが、無理強いは禁物です。
眠くもないのに、寝かせようとすると余計に時間がかかることもあります。
赤ちゃんは何気ない物音にも敏感ですから、静かな環境をつくります。また、空調は適切か、オムツの蒸れはないか、などを確認します。
赤ちゃんであっても、これからお昼寝をするのだということはなんとなく分かります。
お昼寝布団を敷くなどして、これからお昼寝をするんだよと予告してあげることで、注意を切り替えてもらいます。
なかには指しゃぶりなどをしながら一人で眠れる赤ちゃんもいますが、そうではない赤ちゃんの方が多いと思います。
そんな時は、添い寝して、手を握ってあげたり、お尻のあたりで優しくリズムをとってあげたりします。
ラッコ抱きと言って、パパやママのお腹の上に赤ちゃんを乗せて寝かせる方法があります。大好きなパパやママの心臓の音が聞こえると、安心してスヤスヤ眠ってくれることもあります。

抱っこでないと寝てくれない

月齢が低いうちは抱っこをしないと眠れないという赤ちゃんがほとんどでしょう。
しかし、月齢が上がってくるにしたがって、添い寝でも寝られる子が増えてきます。可能であれば添い寝に切り替えられると良いかもしれません。
添い寝の方が、睡眠の質が良く、ぐっすりと長く寝てくれるというメリットがあるからです。

抱っこは泣き止みやすく、すぐ寝てくれるという利点がありますが、布団に移動させるには少し技術が必要です。赤ちゃんを布団におろそうとしたら、失敗して起こしてしまった!という経験をした方はけっこういるのではないでしょうか?

布団におろす時のコツは、布団に置く直前まで自分の体と赤ちゃんの体を密着させておくことです。
まず、赤ちゃんを抱っこした状態のまま、自分の上半身をかがめます。そして、ゆっくりと赤ちゃんのお尻、背中、頭を順番に布団におろしていきます。
自分の上半身はなるべく最後まで赤ちゃんの体に密着させておきましょう。
布団の上におろすことができたら、自分の上半身を赤ちゃんにつけたまま、赤ちゃんの呼吸に合わせて寝息をたてて、少し様子を見ます。
寝ていることがしっかりと確認できたら、そーっと体を話しましょう。
抱っこをし続けると、質の良いお昼寝ができていないことがあります。
外出の時や、やむを得ない場合を除いて、添い寝で寝かせてあげられるようになると、親にとっても赤ちゃんにとっても負担が少なく済むでしょう。

スポンサーリンク
facebook like box
広告