赤ちゃんにベビーベッドは必要か?

Interior of nursery.

生まれてくる赤ちゃんを寝かせる場所、悩みませんか?

床に布団を敷いて寝るのか、それともベッドを買う方がいいのか...?

赤ちゃんにベビーベッドを買うべきかどうか迷う方はたくさんいると思います。

そもそもベビーベッドは子どもが何歳になるまで使えるのでしょうか。

今回は赤ちゃんのベビーベッドのメリットとデメリット、いつまで使えるかなどの情報をご紹介します。

スポンサーリンク

ベビーベッドは必要か?

ベビーベッドに関しては、必要だった人と、そうでなかったという人が同じくらいの割合で存在するため、賛否両論あります。

そのため、まずは各々の家族の状態にあわせて考える必要があります。

上にまだ幼い兄姉がいる、ペットがいるなどの理由があれば、赤ちゃんをベッドに寝かせておけばとりあえず安全の確保はできるので、役立つ場合が多いでしょう。

また、床で寝かせていた場合、赤ちゃんを持ち上げるときに腰などに負担がかかります。

ベッドはちょうど良い高さに調節できるため、親の体の負担を楽にしてくれます。

しかし、ベビー用とはいえ、ベッドであることに変わりはなりので、数年で粗大ゴミになることも多々あります。

さらに、赤ちゃんによっては一人でベッドに寝かされると、泣きやまないことがあります。

ベビーベッドをわざわざ買ったけれども結局ほとんど使っていない、荷物置きになってしまったなんていうこともよく聞く話です。

メリット、デメリット

メリットは、赤ちゃんが激しく泣いていたとしても、少し安心していられる点です。

ママやパパが用事をしていてすぐに対応ができなくても、柵の中にいれておけるのでとりあえずのところは安全といえます。

もちろん、ベビーベッドは、泣いている赤ちゃんを放置するためのものではありませんが。

一方、一番のデメリットは、添い寝ができないことです。

なかなか夜中に寝てくれない夜など、添い寝で寝かせると親も楽なことが多いですが、ベビーベッドではそれができません。

せっかく赤ちゃんを寝かしつけても、ベビーベッドに置こうとしたら起きてしまった!ということもあるでしょう。

ただし、一部のメーカーのベッドは改良され、柵の取り外しや高さの微調整が可能で、添い寝対応のものもあります。

また、赤ちゃん用とは言え、けっこう場所をとります。

ベビーベッドを置く場所を部屋の中で十分に確保できるかどうかも重要です。

さらに、後々使わなくなったベッドをどう処分するかも考えておかなくてはなりません。

購入ではなく、レンタルという選択肢があるので、この場合は、合わないなら返却すれば良いでしょう。

レンタルなら、廃棄するのがもったいないなどと心配することもありませんが、金額的に考えると、結果として高くなってしまうこともあります。

スポンサーリンク

使用期間はいつから、いつまで?

ベビーベッドは多様で、成長に合わせて調整できるものも多くあります。

ですが、一般的なものは2歳になる頃には使えなくなります。そのため、レンタルだけでなくバザーやオークションなどを利用するという手段もあります。

ベビーラックやバウンサーと比べてどうか

ベビーラックは、電動や多機能のものがあり、寝かしつけの助っ人として利用される場合もあります。

寝かしつけのアイテムとしてはバウンサーも便利なグッズです。

しかし、ベビーラックやバウンサーは、あくまでも日中に使う多機能な赤ちゃん用椅子のイメージです。

居心地の良い椅子だから寝てしまう、大人でいうとロッキングチェアのようなものです。

夜、本格的に寝かせるのには適していません。

使用期間や通気性などの面から考えても、やはり断然ベッドの方が優れています。

ベビーベッドに関しては、それぞれのご家庭の事情や状況などを加味した上で検討すると良いでしょう。

スポンサーリンク
facebook like box
バナー広告